7つのチャクラ瞑想

chakra

各チャクラ瞑想について

 
 

ルートチャクラ瞑想(第1チャクラ)

ルートチャクラは生命エネルギーの原点です。
食べる、眠る、獲得する、蓄える、性交する、子孫を残す、自己防衛など、本能的衝動を司っています。

影響を受けている部位

骨、血液、免疫システム、生殖器、結腸、直腸、膀胱、脚、足

チャクラのバランスが崩れているとき

  • 疲れやすく無気力になり、病気がちになります。
  • 自分一人では生きられないという不安が高じます。
  • 他者との関係が難しくなったり、疑ったりイライラすることが多くなります。
  • いま持っているものを失うのではないかと心配症になります

チャクラのバランスを取り戻したとき

  • 情熱的になり自発的に行動するようになります
  • 生命エネルギーが活発になり、性的能力が高まります。
  • ポジティブな思考が湧き、前向きに生き始めます。
  • 地に足が付き堂々としてきます。

以下の症状を整えていきます

冷え性、貧血、膀胱炎、生理痛、月経不順、関節痛、うつ


サクラルチャクラ瞑想(第2チャクラ)

サクラルチャクラは幼児のような無垢なる純粋エネルギーのセンターです。
創造性と感受性が高まり個性の発揮を担っています。身体毒素のデトックスと深い関わりがあります。

影響を受けている部位

腎臓、副腎

チャクラのバランスが崩れているとき

  • 免疫力低下による病気にかかりやすくなります。
  • 感情が無機質になります。
  • 神経が過敏になり、理由もないのに罪悪感に苛まれ、自分に厳しくなります

チャクラのバランスを取り戻したとき

  • 自分を大切にしはじめます。
  • 表情が豊かになり社交的になります。
  • 自分らしさをイキイキと生きだします。
  • 集中力が高まり、向上心が湧いてきます。

以下の症状を整えていきます

無気力、アレルギー、腰痛、便秘、不感症、性的活力


ソーラーチャクラ瞑想(第3チャクラ)

ソーラーチャクラは太陽神経叢(たいようしんけいそう)とも呼ばれ、アイデンティティを司るセンターです。
元気や活力の源でもあり、人生の方向性を決める領域です。

影響を受けている部位

肝臓、胆のう、脾臓、胃、膵臓、横隔膜、腎臓、副腎

チャクラのバランスが崩れているとき

  • 人の目が過剰に気になり始めます
  • 自分であることへの自信が失われます。
  • 考えがまとまらず行動することを躊躇するようになります。
  • 物事に対して妥協を繰り返すようになります。

チャクラのバランスを取り戻したとき

  • 自分本来の道に誠実でいる強さが発揮されます。
  • 幸福感や楽しさに包まれていきます。
  • 自尊心が高まり、他者を尊ぶようになります。
  • 優しさと静かな忍耐力が身についてきます。

以下の症状を整えていきます

慢性疲労、被害者感情、消化不良、糖尿病、肝機能障害


ハートチャクラ瞑想(第4チャクラ)

ハートチャクラは7つのチャクラの真ん中にあり、全体の要でもあります。
全ての感情の源であり、内側の気持ちを司っています。

影響を受けている部位

心臓、肺、胸腺

チャクラのバランスが崩れているとき

  • 傷つきやすく心を閉ざしてしまいます。
  • 素直さがなくなり意地悪な気持ちになります。
  • 感情に流されることが多くなります。
  • 温かみが消え、頑なになります。

チャクラのバランスを取り戻したとき

  • 心が開き爽快感に包まれます。
  • 気持ちが穏やかになり何事にも愛情深くなります。
  • 他者の気持ちが理解できるようになりコミュニケーション能力が高まります。
  • 柔軟性と親切心が発揮されてきます。

以下の症状を整えていきます

不眠症、高血圧、心臓疾患、肩こり、浅い呼吸


スロートチャクラ瞑想(第5チャクラ)

コミュニケーションや自己表現を司っています。
自分の人生を自分らしく創造するエネルギーセンターです。

影響を受けている部位

甲状腺、副甲状腺、気管支、扁桃腺、食道

チャクラのバランスが崩れているとき

  • 相手の反応を怖れ、言いたいことが言えなくなります
  • 他者と関わるのが億劫になり引きこもりやすくなります
  • 他者に厳しく批判的になります
  • 自分に正直に生きることが難しくなります

チャクラのバランスを取り戻したとき

  • 正直なコミュニケーションが取れるようになります
  • 自分の現実が、自身の言葉や信念から創造されていたことを理解します
  • 精神的な創造力が湧いてきます
  • ポジティブになり、やる気が出てきます

以下の症状を整えていきます

喉や首の痛み、緊張、神経過敏、喉の炎症、腫れ


サードアイチャクラ瞑想(第6チャクラ)

洞察力、集中力、直観力、記憶力、理解力などを司っています
第六感と呼ばれる力のセンターです。

影響を受けている部位

松果体、下垂体、中枢神経、脊髄、目、耳、鼻腔

チャクラのバランスが崩れているとき

  • 注意力や集中力が低下します
  • 思いと行動のギャップが大きくなります
  • 事柄を表面的にしか理解することができなくなります
  • 人の助言に従えず、支配的で独りよがりの傾向が強まります

チャクラのバランスを取り戻したとき

  • 理解力が増し、真理への直観力が高まります
  • 慣習や社会通念に縛られることなく、高いレベルのモラルが発揮されます
  • インスピレーションが増し、人生が簡単に流れだします
  • 潜在能力が開発されてきます

以下の症状を整えていきます

頭痛、神経障害


クラウンチャクラ瞑想(第7チャクラ)

霊性のエネルギーの入り口で、宇宙との繋がりを担っています。
肉体、精神、霊性の統合と、全体との一体感に導きます。

影響を受けている部位

脳下垂体、自律神経、

チャクラのバランスが崩れているとき

  • 霊性との繋がりを忘れ、孤児の様な不安を持ち始めます
  • 物質世界しか見えなくなり視野が狭まります
  • インスピレーションが湧かなくなります
  • 人生が無機質なものに感じられ、感謝の気持ちが失われます

チャクラのバランスを取り戻したとき

  • シンクロが起きやすくなります
  • 直観力が増し、思考を使わずに最良の選択をするようになります
  • 宇宙との一体感を得て、全体である自分を思い出します
  • 内在していた高次の使命を生き、人々を導きます

以下の症状を整えていきます

慢性疲労、頭痛
 

コメントは受け付けていません。